モヤモヤの会で編み物のワークショップを開催しました。

【モヤモヤの会 編み物レッスン開始】
「編み物レッスン」の会。
とあるご縁で、乳がんの患者さんとお話しする機会があり、お話しの中で、
全摘再建なしの乳がん患者さんに
必須アイテムを毛糸で編んでいると伺って、
実は衝撃的でした。まだまだ知らない世界があるなと思いましたし、何かお役に立てることがあればと思っていたところ、
トントン拍子でお話が進んで、
講習をすることに。

モヤモヤの会は、乳がんの方のモヤモヤした気持ちを吐き出したり、情報交換をして、みんなで病と闘おうという会。
主治医に話すまでてはないけれど、モヤモヤした気持ちを話してスッキリすることって、
他の病気でもあることですよね。

皆さん通院されている病院も様々だったり、お医者さんにいく前に不安なことをここでシェアしたり。
ビキニを編むように、三角に編みながら、大切な胸の部分をあみぐるみます。中に綿やペレットをいれて重みをつけて調整します。

編み図は従来みなさんが編まれているものを使用し、今まで自己流でわからなかったことも質問にお答えしました。 
健常者の方もご参加があり、妹さんのお友達がこれから手術となり、その方へ少しでも不安をなくしてもらうために編んでプレゼントされるとか。
みなさんそれぞれの立場で、編み物の時間を苦戦しながらも没頭されました。 

写真は、会の代表のユメちゃんが編んだもの。

間違えてる箇所もあるんですよ。とおっしゃっていましたが、まずは1つ作り上げてくださいね!
逆にパワーと元気をいただいた会に参加させていただきありがとうございました。

お昼は、手作りパンや、発酵マイスターの資格を持つ方の美味しいサンドウィッチをいただきました!
ご馳走さまでした。



編み物を教えて!のリクエストは、
🎄12/20 knitholic  party 🎄 参加者募集中
詳細は

eknit-loop

毛糸に出会ったのは3歳の時、祖母の手ほどきで幼い頃から親しむ。『毎日。気楽に、編み物を楽しんでほしいという願いを込め、2009年にニットブランド『eknt--loop』を設立。ニットデザイナーとして活動をスタートした。初心者でも自分らしい作品が作れる編み物スタイルが評判となり、各地でレッスンを開催。生徒はのべ200人を超え、現在はインストラクターも開催している。代表作の『kint-ring』(ニットリング)は、数ヶ月待ちになることもあるアイテム。






0コメント

  • 1000 / 1000